そもそも人はなぜ忘れてしまうのでしょうか? 例えば、明日のためにテスト勉強をしようと思って、必死に暗記している最中に来客があったり、電話がきたりすると、覚えたはずのことがどこかへいってしまうこともあります。 このように、途中で必要としない情報が入ってきてしまうと、忘れてしまうことも多いですよね。 それに、繰り返して使わない記憶だと忘れてしまうといわれています。 人は同じことを何度も繰り返さなければ、脳にインプットされずにすぐ忘れてしまうものなのです。 そのため、勉強には復習という方法があるわけです。 大人になるにつれて、記憶しなければならないことが増えてきます。 すると、ちょっと前に覚えたはずのことでも、なかなか思い出せなくなってしまうでしょう。 毎日色々なことが起きますが、その全てを記憶しようとすると、脳がパンクしてしまいます。 そうならないために、人間の記憶には知覚フィルターというものがあります。 大切なこと以外の興味がなかったものや特に気をつけていなかったことは、記憶しないようにできているのです。 楽しいことはしっかりと記憶され、興味のないことなどはすぐに忘れてしまうのは、この知覚フィルターの働きによります。